«

»

3月 24

看護教員の仕事は難しいの?

muzukasii看護師を目指している人が通ってくる看護学校では、
実際に看護師としての経験が豊富で、
さらに知識や技術もしっかりと身についている人。

このような人が教員として
学生へ講義や実習指導などを担当します。

 

以前は看護師と言えば病院勤務が一般的でしたが、
最近では医療の現場以外でも
さまざまな分野で活躍する看護師も増えてきてます。

そのため、看護師資格を目指して勉強をする学生さんも、
とても増えてきているんです。

 

看護教員側も、
このような多様な学生に対応する必要がある
という難しい面もあります。

ただ、多様な分野で働いている看護師でも、
基本は医療業界で働くことが出来る看護師としての基本的な知識と
技術を学生に指導するというのが看護教員の重要な役割です。

 

たとえ医療の現場以外で働く場合でも、
看護師免許を持ち看護師として働くことが出来るように
指導して行くことが大切です。

 

 

指導というのは自分がその知識を
分かっているだけではできませんよね。

学生にどのように説明し、
そして理解してもらうことが出来るのかということも考えながら、
実際に講義を勧めていく必要があります。

 

この点はただ教えればいいというだけではない
看護教員の難しい点です。

また、一般的な教員に比べると
やや働き方も特殊なものになります。

 

看護教員となるときにはどのような働き方をするのかは
ちゃんと確認しておきましょう。