«

»

3月 25

看護教員になるにはどうしたらいいの?

dousitara看護教員と一言でいっても、
実はさまざまな種類があるというのは知っていますか?

看護師を要請する学校には、
いくつかの種類があります。

 

大きく分けると高校の看護科の教諭、
看護専門学校も専任講師、
短大や大学の看護学教員がありますよね。

 

実はそれぞれの学校によって、
看護教員のなりかたというのがかなり異なってくるんです。

必要になってくる資格についても、
それぞれの学校によって異なるんですよ。

 

では、それぞれの学校で看護教員になるには、
どのような資格や免許が必要なのか、
どうしたらいいのか見てみましょう。

 

 

高校の看護科の教諭になるためには、
高校教諭の看護教員の免許が必要になります。

普通教員免許の場合には、
大学で勉強をして教員免許の取得が必要です。

 

ただ、臨時免許や特別免許などを
看護経験によって取得することが出来る免許もあります。

看護専門学校の場合には、
教師になるための講習を受ける必要があり、
また募集も公募よりは推薦が多くなっています
よ。

 

短大や大学は主に公募で募集がありますが、
実際には研究室などに所縁があり、
人脈がないと難しいと言われています。

 

短大や大学での看護教員になるためには
資格や免許は不要で、学位や臨床経験があればよいのですが、
逆に明確に必要な資格や免許がない分、基準が分かりにくくなっています。