«

3月 25

育てるという重要な役割を持つ看護教員の仕事

sodateru看護師になるために、
だれもが通る道が看護師を養成する学校に通い、
教育を受けなければなりませんよね?

この看護学校で学生に教える仕事が看護教員です。

 

実はこの看護師の養成機関で看護学生に指導をする看護教員は、
看護師免許があればなることが出来る仕事の一つなんです。

看護師としての知識があり、さらに臨床経験がある看護師が、
看護教員養成講習会の履修を経て看護専門学校の専任講師として
看護教員の職に就いているんです。

 

看護師としての知識や技術以外にも
教師として学生に教えるための授業ノートを作ったり、
さまざまな事務作業なども必要になってきます。

未来の看護師を育てるという需要や役割を持つことになりますよ。

 

看護師として臨床の現場で働き、
新人ナースや後輩の指導をするのと、
看護教員として働くのにはさまざまな違いがあります。

看護知識のない学生により分かりやすく授業を勧め、
どこまで理解してくれているのかをテストするためのテストも作成します。

 

学校によっては行事やイベントなどもありますので、
これに参加したり部活動の顧問になる必要があるケースもありますよね。

看護教員として教育をする以外にもさまざまな仕事を任されることもありますので、
実際にはどのような仕事をすることになるのかという点も
看護教員として働く前には確認しておきたいことですよね。